×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下痢の症状

下痢の症状
・急性の下痢
何の前触れもなく突然の腹痛に見舞われます。
水のような便で何度もトイレに駆け込むなど排泄の回数が多いのが特徴です。

暴飲暴食や冷房などによる冷え、不消化物の為のときなどに起こる単純性のものと、ウィルス性腸炎、食中毒などのウイルス性のものからストレスなどが関係して起こるものがあります。 症状はさまざまで
→腹痛、嘔吐、悪寒、発熱を伴う
→脱水症状
→食欲減退
→体力消耗

・慢性の下痢
過敏性腸症候群による下痢や、吸収不良症候群、糖尿病、大腸ガン、肝臓疾患などがあると、慢性下痢になると言われています。

下痢が起こった際は便に血液が混じってないかを確認しましょう。 血便は赤痢や腸チフス、 腸炎ビブリオ性食中毒の可能性などが考えられます。

また、発熱のある場合は赤痢、腸炎ビブリオ性食中毒、食中毒(サルモネラ)の可能性なども考えら れます。 その場合はすぐに医師の診断を受けましょう。


>>下痢とははこちら
>>下痢の症状はこちら
>>下痢の原因はこちら
>>下痢と嘔吐はこちら
>>下痢の時の食事はこちら
>>下痢が続く…はこちら

スポンサードリンク

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2007 下痢の原因と食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -