×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下痢の時の食事

下痢のときは体から便と一緒に水分が大量に排出されると同時にミネラルも排出されます。 便の様子を見ながら少しずつ消化の良いものを食べ始めるのが基本となります。

便が水のような場合は水分を中心に
便がドロドロの場合はドロドロの食べ物を
便がやわらかい程度ならやわらかい食べ物を

下痢は通院して薬をもらい、その薬を飲むだけでは良くなりません。 しっかりと水分を補給し、食事から消耗した体力を回復させる必要があります。 牛乳、人工乳等は乳糖を多量に含んでおり、腸内で発酵して下痢を悪化させることがありますので、 主食は消化吸収のよいとされるお粥や食パンなどやわらかいもの。 特に下痢のひどいときは、これら主食を中心に与え体力を回復させましょう。

・下痢の時の食事
主食:うどん、食パン、おかゆ、そうめん
たんぱく質:半熟卵、白身魚(ひらめ、鯛)、鶏ささみ、豆腐
野菜類:白菜、かぶ、だいこん、人参、ほうれん草、じゃがいも(味噌汁にするとよいです)
果物:りんご

・下痢のときの水分補給用の食事
味噌汁、りんごジュース、にんじんスープ、番茶、ほうじ茶

・適さない食事
牛乳、食物繊維が多い海草やキノコ、こんにゃく等。
また香辛料が強いものやアルコール類、カフェインの多い飲食物は避けましょう。


>>下痢とははこちら
>>下痢の症状はこちら
>>下痢の原因はこちら
>>下痢と嘔吐はこちら
>>下痢の時の食事はこちら
>>下痢が続く…はこちら

スポンサードリンク

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2007 下痢の原因と食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -