×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下痢と嘔吐

下痢と嘔吐
急性胃腸炎(嘔吐下痢症)と呼ばれます。
ウイルス性胃腸炎で、特に冬場にかかる嘔吐下痢症は症状が強いのが特徴。主にノロウイルス、ロタ ウイルス、アデノウイルスなどが原因となります。


潜伏期間は2日までとされています。 突然の嘔吐から始まり、その後強い腹痛からの水を多く含む下痢が特徴です。

水分を取ろうと水を飲んでもそれを吐いてしまうなど脱水症状の危険が非常に高くなるため、腹痛、 下痢の症状が落ち着き次第病院で医師の診断を仰ぐのが懸命です。

脱水症状が見られる場合や、その可能性がある場合は病院で点滴を打つことが多いです。 脱水症状になると目の下の皮膚が真っ黒になったりします。

子供の下痢と嘔吐
嘔吐下痢症状の80〜90%はウィルス感染によるものとされているようです。 残りは細菌感染や寝冷え、アレルギーなどによるものとされます。

子供は嘔吐しているときは「怖い」という意識を持っています。親が心配な顔や声を出すと過敏に反応し心配や不安を与えるので「大丈夫だよ。しっかり全部吐いて水分をしっかり飲んで早く治そうね」などとやさしく声をかけてあげるのが良いようです。


>>下痢とははこちら
>>下痢の症状はこちら
>>下痢の原因はこちら
>>下痢と嘔吐はこちら
>>下痢の時の食事はこちら
>>下痢が続く…はこちら

スポンサードリンク

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2007 下痢の原因と食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -