×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下痢が続く…

痢長引き続くことがありませんか? 病院にいっても原因不明、神経的なことだろうと様子見をされる場合が多いです。

夏は「冷房病」にかかっている可能性があります。 暴飲暴食、冷たいものを摂りすぎてしまったなどがあると一時的に下痢になってしまうこともあります。 ただこれらは一時的なものの場合がほとんどです。

そんな中、長期間下痢が続いてしまう病気が存在します。 過敏性腸症候群、肝臓病、糖尿病、すい臓病、クローン病や潰瘍性大腸炎、大腸がんなどです。

過敏性腸症候群はストレスによって引き起こされます。 クローン病では慢性的な下痢に粘性血便、発熱、貧血、体重減少といった全身の症状を伴います。 糖尿病などは腸管運動の低下によって症状を伴います。 大腸がんは排便時の出血で下痢、腹痛、便秘などを伴います。

何はともあれ症状が何週間も続く場合は病院で精密検査をしてもらいましょう。


>>下痢とははこちら
>>下痢の症状はこちら
>>下痢の原因はこちら
>>下痢と嘔吐はこちら
>>下痢の時の食事はこちら
>>下痢が続く…はこちら

スポンサードリンク

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2007 下痢の原因と食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -